アルバイトの方におすすめの消費者金融

フリーター(アルバイト、パート)の方に「おすすめの消費者金融」をご紹介したいと思います。

 

【アルバイト・パートの方におすすめの消費者金融】

アルバイトやパートでお勤めの方には、銀行系(消費者金融)のカードローンをおすすめしています。

 

銀行系は、銀行で直接ローンを組むよりも審査がゆるやかで、誰でもカンタンにカードが取得できます。特に、プロミスやアコム、モビットのような消費者金融は、可決までのスピードも速く、即日融資にも対応しているので便利です。

 

これらのカードローン会社は、すべて「総量規制の対象」となるため、年収の3分の1の金額が「融資可能な額」となります。例えば、アルバイトで年収120万円の収入がある方は、最高40万円まで融資が受けられるのです。

 

もちろん、収入が増えれば比例して、可決される金額は大きくなります。ただ、既に他社で借入のある方は、年収の3分の1の金額から、現在の借入額を差し引いた金額が「融資可能額」となるので注意しましょう。

 

もし、既に年収の3分の1を超える借入のある方は、銀行ローンのように総量規制外のローンを利用してください。また、消費者金融でも、おまとめローンのように、一部「総量規制外のローン」があります。

 

今ある借入の負担を減らしたい方は、こうした「総量規制外のローン」を活用してみてください。

 

【申し込みに必要なもの】

アルバイトの方に限らず(誰でも)ローンの申し込みには「身分証明書」が必要になります。運転免許証や保険証、パスポートのいずれかを「申し込みの証明書類」として提出してください(コピーでOK)。

 

また、消費者金融で50万円以上の融資を受ける方は、直近の給与明細を用意しましょう。給与明細が難しい場合は、源泉徴収票でも構いません。現在の収入が証明できる書類が必要になります。

 

また、二社以上で合計100万円以上の借入がある方は、収入証明書の提出が必要になります。クレジットカードのキャッシング分も含めて、100万円以上の借入があるか、申し込みの前に必ず確認をしておいてください。

 

【申し込みで注意すべきポイント】

アルバイトやパートの方は、可決される金額は少なくなる(収入が少ないため)可能性があります。特に、カードローンの利用が初めての方は、年収の3分の1の金額よりも少なく可決されることが多い様です。

 

【増枠のタイミング】

増枠を受けるには、最低でも半年間は、コツコツ返済し続ける必要があります。返済に問題がなければ早くて3カ月、平均半年から一年で、利用できる金額は増えるはずです。自動的に増えない場合は、半年経った時点で「増枠の申請」を行ってください。

 

増枠の申請時には、再審査が実施されますが、利用状況に問題が無ければ、そのまま利用できる金額は大きくなります。カード会員のサイト、もしくは電話で直接「増枠申請」をしてみてください。
参照元:銀行でお金を借りる|最短即日審査で借りれる方法

消費者金融に関して/よくある質問

消費者金融の利用に関して「良くある質問」を集めてみました。

 

【質問1:有名な消費者金融には、どのような会社があるのですか?】

消費者金融として広く知られる企業には、三井住友銀行系列のプロミス、モビットなどがあります。

 

また、三菱東京UFJ銀行系列のアコム、新生銀行系列のノーローンなど、人気のカードローン会社がいくつか存在します。

 

バナナマンのCMでおなじみのアイフルは、銀行とつながりのない「ノンバンク系」の消費者金融です。また、カードローンの「レイク」は、貸金業者の商品(消費者金融ローン)ではなく、新生銀行が融資する「銀行ローン」の名称です。

 

レイクは、消費者金融の商品ではないので、総量規制の対象にはなりません。

 

【質問2:消費者金融は、取り立てが厳しいと聞きましたが本当ですか?】

消費者金融という理由で(ドラマにあるような)怖い取り立てが行われる訳ではありません。銀行、消費者金融共に、返済が長く遅れる場合は「契約や法律に沿った」手続きが事務的に行われます。

 

もちろん、本人への電話や(場合によっては)職場に電話が掛かってくることがありますが、恐ろしい取り立てがある訳で無く、本人への連絡として、何度が電話や書面での通知が行われるだけです。

 

ただし、返済が遅れてしまっては、今後の契約や借入に悪い影響が出てきます。最悪の場合、カード利用の停止、会員資格を失うことになるので、返済が遅れないよう注意しましょう。

 

何度も遅延を重ねては、信用情報機関において「事故情報」としてデータが記録されます。ここまで来ると、他社でのカード更新、カードの新規発行、入会申し込みは「すべて否決」となります。手遅れにならないよう、返済は計画的に続けてください。

 

【質問3:利用条件を教えてください】

カードの利用条件は、各カード会社、利用するカードによって異なります。必ず、カードに申し込む前に「融資の実施条件」を確認しておきましょう。

 

カードによって、年齢制限、収入の制限、カードの使い道など細かく決められています。また、特定の条件を満たさなければ、申し込みの「前段階で否決される」カードもあるので、注意が必要です。

 

【質問4:金利が高いと聞きましたが、年率何%から利用できますか?】

金利(実質年率)は、カードの種類によって、それぞれ異なります。銀行ローン、消費者金融では、金融機関の違いで「金利の差」も大きく違ってきます。

 

(全体的に)銀行ローンは、消費者金融に比べて「金利が低く」なっています。ただ、審査の難易度は、銀行よりも消費者金融の方が「受けやすい」条件が整っています。

 

【質問5:どこから申し込みができます?】

どの金融機関も、郵送、電話、インターネット(パソコンやスマートフォン)、携帯電話、店舗で受付を行っています。

 

ただ、消費者金融の場合は、無人契約機を使って申し込めるところも多いです。また、インターネット銀行の場合は「ネット受付のみ」と、申し込み方法の種類を限定するところもあります。

 

【質問6:即日融資は受けられますか?】

全体的に、消費者金融は即日融資とスピードキャッシングに強いですが、消費者金融を子会社に持つ「大手銀行」は、即日融資やスピードキャッシングに対応しています。

 

例えば、子会社にプロミスやモビットを持つ「三井住友銀行」では、ローン審査の結果を最短30分で受け取ることができます。同じように、ノーローンの親会社である新生銀行(レイク)でも、即日融資を実施しています。